Category Archives: 学会発表

159月/20

IEEE/ACM DS-RT 2020にて発表

M2の五十嵐君が IEEE/ACM DS-RT 2020に参加し論文発表を行いました。

学会は、2020/09/14~2020/09/16にオンラインで開催されました。

発表タイトルは以下のようになっております。

Shingo Igarashi, Tasuku Ishigooka, Tatsuya Horiguchi, Ryotaro Koike and Takuya Azumi

“Heuristic Contention-Free Scheduling Algorithm for Multi-core Processor using LET Model”

143月/20

Euromicro PDP 2020にて発表

M1の五十嵐君、本多君が Euromicro PDP 2020に参加し論文発表を行いました。

学会は、2020/03/11~2020/03/13にオンラインで開催されました。

発表タイトルは以下のようになっています。

Shingo Igarashi, Yuto Kitagawa, Takuro Fukunaga, and Takuya Azumi, “Accurate Contention Estimate Scheduling Method Using Multiple Clusters of Many-core Platform for Applications Requiring Parallel Computations,” 

Kentaro Honda, Sasuga Kojima, Hiroshi Fujimoto, Masato Edahiro, and Takuya Azumi, “Mapping Method of MATLAB/Simulink Model for Embedded Many-Core Platform,”

 

0910月/19

IEEE/ACM DS-RT 2019@コゼンツァ(イタリア)にて発表

M1の五十嵐君が IEEE/ACM DS-RT 2019 に参加し論文発表を行ってきました。

学会は、2019/10/07 ~ 2019/10/09にイタリアのコゼンツァにて開催されました。

発表内容は「メニーコアプロセッサにおける通信競合を考慮した
マルチレートDAGスケジューリング」です。

 

 

 

 

 

発表タイトルは以下のようになっております。

Shingo Igarashi, Yuto Kitagawa, Tasuku Ishigooka, Tatsuya Horiguchi and Takuya Azumi

“Multi-rate DAG Scheduling Considering Communication Contention for NoC-based Embedded Many-core Processor”

 

069月/19

SWEST21@下呂(2019/9/5, 9/6)に今年も参加しました

M1の三浦さんと本多さんがポスター発表を行いました。

  • MATLAB/Simulink Benchmark Suite for ROS-based Self-driving Software Platform
    三浦啓太(埼玉大学)、徳永翔太(大阪大学)、安積卓也(埼玉大学)
  • モデルベース開発におけるメニーコアを対象とした性能見積もり
    本多健太郎、安積卓也(埼玉大学)

詳細は以下より

Continue reading
136月/19

MECO2019@モンテネグロにて発表

M1本多君がMECO2019で発表してきました。
MECOは組込みシステム系の学会です。
開催期間は2019/6/11~14で、モンテネグロのリゾート地であるブドヴァで開催されました。

発表内容は「モデルベース開発における メニーコアを対象とした性能見積もり」です。

発表のタイトルは以下のようになっております。

Kentaro Honda and Takuya Azumi, “Performance Estimation for Many-core Processor in Model-Based Development,” In Proceedings of The 8th Mediterranean Conference on Embedded Computing (MECO2019), Budva, Monteneguro, June, 2019

 

 

225月/19

ISORC2019@バレンシア(スペイン)にて発表

M1三浦君がIEEE ISORCで発表してきました。

学会は2019/5/7にスペインのバレンシアで開催されました。

発表内容は「ROSに基づいた自動運転システムのためのMATLAB/Simulinkベンチマーク」です。

発表のタイトルは以下のようになっております。

Shota Tokunaga, Noriyuki Ota, Yoshiharu Tange, Keita Miura, and Takuya Azumi.
MATLAB/Simulink Benchmark Suite for ROS-based Self-driving System

154月/19

ICCPS2019&RTAS2019@モントリオール(カナダ)にて発表

M1三浦君と研究員前田さんがICCPSとRTAS(CPS-Week2019)で発表しました。

学会は2019/4/16にカナダのモントリオールで開催されました。


発表のタイトルは以下のようになっています。

ICCPS
Shota Tokunaga, Noriyuki Ota, Yoshiharu Tange, Keita Miura, and Takuya Azumi.
Demo: MATLAB/Simulink Benchmark Suite for ROS-based Self-driving System

RTAS
Seiya Maeda, Yuya Maruyama, and Takuya Azumi.
Static Program Placement Platform for Embedded Multi-Core Multi-Cluster Systems.